事務所内をレイアウトして、患者様の歩行動作を分析できるようにしました。
坐骨神経痛の方、産後の方・・・
症状によるデータの違いが発見できるのでは?
と期待しております。

現在測定された歩行動作データを新しい分析シートで解析しています。
「どのようにすれば整体に応用できるか?」
に繋がってきます。

現状では「歩行動作のデータ」を整体に応用している整体院さんは、ほとんど見当たりません。当整体が初の試みになるかも知れません。

これらデータは整体の範囲を超え、リハビリ医療などにも応用できるはずです。多くの専門家の方々との連携に繋がれば幸いです。