東京都の新規患者数発生を予測する!

国内で最も感染者が多いのは東京です。
当事務所も東京にあります。
現在4/22まで、整体業務を休止しております。

感染者数の増大、いつまで続くのか?

そこで東京の一日の新規患者数を計算式を使って、予測してみました。(4/1~) 図の様になりました。

青い線が実際に発生した新規患者数。オレンジの線が予測した新規患者数です。

これを使って考えると本日(4/19)の新規患者数は
195人です。
検体数に大きく左右されますが、ちょっとゾッとします。外れてくれることを願っています。
本当に早く落ち着いてほしいですね。

感染倍率を下げると・・・

本日(4/19)都内で新たに107人の方が、新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。

私の予想(195人)が外れて良かったですが、未だ多い状態です。

もう一つ気になるのは、
「新規患者数が前日の何倍になっているか?」
です。

まとめるとこのようなグラフになりました。

前日比1倍未満が続くと、自然と新規患者発生数は、減少して行くはずです。
緊急事態宣言解除まで、一倍未満が極力続いてほしいです。

今心配している事

マスクをする、手洗いをする
事務所を消毒する
はもちろん実施しています。

それ以外に心配なのは体力の低下です。
「仕事も無ければ、運動施設も閉鎖です。」
その中で、どの様に体力を維持していくか?

外出自粛になっていますが、出来るだけウォーキングをする、電車ではなく自転車を使って移動する

を実施しています。
仕事ができないこの時間を使い、分析能力と人体の構造の勉強、整体技術向上を目指したいと思います。