整体辞めちゃうの?


「あっ先生・・・」

「何だ!○○君じゃないか!どうしたんだ?こんな所で!」

「先生を待っていたんだ。お母さんが腰が痛いっていつも言ってるから・・・
色々治療院を回ったけど、先生の整体が一番良いって言うんだ。」

「そうか・・・」

「でもお母さん言うんだよ。
先生は技術士と言う新しい道を見つけたんだ。
だから邪魔しちゃいけない。
そっとしておいてあげなさいって・・・

先生は技術士になったんだよね・・・
もう整体辞めちゃったんだよね・・・」

「・・・・」

「ごめんね、無理言って・・・」

・・・・・・・・・・・

2012年のお話・・・
あれから何年たったのか?

技術士として生まれ変わるとき

技術士とはエンジニアの国家資格です。
日本技術士会では

技術士の名称を用いて、科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価またはこれらに関する指導の業務を行う者・・・

と説明されています。

整体師と技術士・・・
何の関係があるの?

周りから何度も聞かれました。

もし合体したら何が生まれるの?

考えるために、技術士と言う業務をもう少し分かりやすく書くと

「これまで習得した知識や経験等に基づき、対処すべき課題に合わせて正しく問題を認識し、必要な分析を行い、判断し、対応策の企画立案等を実施できる能力」

とも言われています。

そうです。

「今まで技術士になるために習得してきた技術、整体師になる前からずっと学んできた技術!
これを人体に応用すれば、きっと新しい技術として生まれるはずだ。 」

そのように考えるようになりました。

また技術士にはそれぞれ専門があります。
私は機械部門で、専門がロボット技術です。

この専門のロボットの技術を人体に応用すれば、

患者さんがどの様な動作をしているか?
どの様な重心バランスになっているか?
どこに大きな負担がかかっているか?
将来発症しそうな病気は無いか?

など細かい分析が可能になるのです。

もしかしたら「新しい整体技術」が誕生するかもしれない!

整体師と技術士は一心同体だった!

例えばあなたが原因不明の膝痛に悩んでいるとします。
普通は医療機関で膝のレントゲンを撮影し、医師から診断、指示を受けます。

しかし異常が確認できないことがあります。
医療技術の範囲で発見できなかった身体の不調原因をロボット技術で解明しよう!
技術士としての力を活用すると、新しい発想から、あなたの膝痛を考えることができるのです。。

膝痛に悩むあなたの動作には、何らかの問題点があります。
その問題点は、さらに次の問題点を生みます。
つまり
膝痛をかばうために、姿勢や動作が乱れ、他の部分(もう片方の膝、又は腰や股関節)などに、不具合が生じるのです。

しかしロボット技術をあなたに活用することにより、

膝痛の原因となっている異常動作は何か?
影響を受ける部分はどこか?
どの様に考え、改善して行けばいいのか?

などの発見につながるのです。

現在のところ、まだ医療との関連性が弱く、理論的に体系立てられていない状態ですが、新しい改善法を生み出すカギとなるのです。

そう!

このロボット技術を技術士として、大いに応用!人体動作を吟味し、整体師として問題点を解決すれば、より効果のある改善法が生まれるはずだ!

これが「整体師+技術士=?」
の答えだったのです。
そう考えると

私にとって整体師と技術士は二足のワラジではなく、一心同体!
だからどちらが欠けても成り立たない!

と言う事なのです。

技術士として科学技術の力を活用し、整体に来られる多くの患者さまに貢献する。
これが私の本当の仕事だったのです。

「どうしてそんなに整体業務に打ち込むの?」

「それはね、技術士になったからだよ。」

技術士の力と実力を整体に!
そして・・・

出張整体をご利用ください

出張整体実績

出張整体のご案内

東京都中央区勝どき、銀座、港区、千代田区、江東区越中島、葛飾区お花茶屋、堀切、青戸、高砂、世田谷区成城学園前、狛江市、静岡県熱海市、千葉県船橋市、富津市、長生郡白子町
埼玉県春日部市、栃木県日光市、那須塩原市、千葉県君津市久留里、神奈川県川崎市、横浜市、茅ケ崎市、小原市、鎌倉市、その他首都圏近郊