とんでもないアピール


「腰が痛くて・・・どこかいい治療院知らない?」
「足が痺れてね・・・一生付き合うしかないか。」
「産後の骨盤矯正を確りやってくれる所知らない?」

外出中にそんな会話をよく耳にします。

「こんな整体したらこの人良くなるだろうな・・・」

と横で考えますが、特に何も対応していません。

「生体ロボット技術と東洋医学を合体させた整体法がありますよ!」

何ていいったら

「?」

となるのが明らかです。

「何それ?もっとわかりやすく説明して!」

学生時代に教員免許を取り、物事の説明は上手い方だと思っていましたが、これがとんでもない間違いでしたね。

私のアピールの下手さは、過去の日記やブログでも確認できます。
今回は実例を挙げて、面白可笑しくお話ししたいと思います。

一枚の洗濯物から

整体師として開業したばかりのころです。

「患者さんに少しでも快適な整体を受けていただこう!」

まめに洗濯や掃除をしたものです。

使用中のタオルケットを干した写真をブログに投稿してみました。

整体師の干し方?これではだめですね~葛飾の整体師の失敗か?

ると・・・

「先生の干し方って、干すというより、何かを捕まえるための”罠”みたいですね。(笑)」

と言うコメントを頂きました。

「なんだ~これは~」

本当に思いがけない見方があるものだ・・・
当時は本当に感心したものです。

この干し方はやはり可笑しかったのでしょうね。
見かねた近所のおばさんが、干しなおしてくれました。
それが以下の写真です。

整体師の干し方ではダメでした。

一生懸命洗濯したことをアピールしたかったのですが、全く違う見方に驚き、

「自分自身の宣伝力では、到底患者さんは募集できないな・・・どうしよう・・・」

真剣に悩んだ記憶があります。

先が思いやられる・・・

これは何を作っているのか?

もう一つは数か月前のお話です。
以下の写真は何に見えるでしょうか?

葛飾の整体師が作ったカラメルソース

さぁ~何に見えたでしょうか?
これは・・・

我が家でホームパーティー実施が決まったときです。
参加者の方にデザートとして、プリンを作ることにしました。
その時使用するカラメルソースの作り方を練習していた画像です。

この画像をLINEグループのページに投稿したところ、メンバーから以下のコメントが・・・

「何か実験みたいだね。(大笑い)」

など多数のイジリコメントが発生しました。

「そんなつもりはない!カラメルソースだよ!」

と言っても、全く通用せず・・・

「何だこれは~食い物か???」

「実験だ!実験だ~」

イジリのオンパレード!
カラメルソースの投稿がとんでもない方向に発展し、グループの書き込みは大盛り上がり!

カラメルソースを作っている。
当日のデザートを楽しみにしていて下さい。

とアピールしたつもりでしたが、第三者には全く違って見えたのですね。

今もホームページやチラシで、当整体の宣伝をしていますが、もしかして・・・
見た人に全く理解できない内容なのかもしれません。

やれやれ・・・

整体師が作ったチラシ

以下は今年私が作った、出張整体募集のチラシです。
数千枚ほど撒きましたが、問合せすら無かったチラシです。

整体師の作ったチラシ

洗濯物のように、カラメルソースのように・・・
整体のチラシには全く見えなかったのかもしれません。

街中に多くある治療院さんの中で、当整体を選んでいただくのは至難の業なのかもしれません。

一般の方が作ったチラシ

3年ほど前、あるスポーツクラブで講演をすることになりました。
その時担当の方が以下のチラシを作り、メンバーに配布してくれました。
すると一気に50名くらい集まり、講演は大盛況でした。

整体師のチラシではないチラシ

やはり見やすいし、どこかが違う・・・
それはどこか???
その違いがハッキリ判らない限り、チラシはいくら作っても無駄かもしれません。
はぁ~

これはほんの一例です。
一所懸命やるのは良いですが、患者さんのご迷惑にならないよう頑張ります。

出張整体をご利用ください

出張整体実績

東京都中央区勝どき、銀座、港区、千代田区、江東区越中島、葛飾区お花茶屋、堀切、青戸、高砂、世田谷区成城学園前、狛江市、静岡県熱海市、千葉県船橋市、富津市、長生郡白子町
埼玉県春日部市、栃木県日光市、那須塩原市、千葉県君津市久留里、神奈川県川崎市、横浜市、茅ケ崎市、小原市、鎌倉市、その他首都圏近郊