整体師が技術士として生まれ変わるときから

技術士として生まれ変われ!

私の合格を待っていたかのように、父親が倒れました。 医師から

「もう長くはないだろう・・・」

と言われ、終末医療に入ることになりました。
また歩行困難だった母親も合格後まもなく施設に入所しました。
家も、そして整体研究室もガランとした状態になってしまいました。

これから先どうしようか・・・
せっかく頂いた技術士の資格・・・
どの様に活かしてゆけばいいのか・・・

秋も深まり始めたころ、父親が誕生日を迎えました。
恐らくこれが最後の誕生日になると思った私は面会に行き、自分の気持ちを打ち明けることにしました。

幸いまだ話ができる状態だったので、今後の事について相談してみました。

「オヤジ・・・実はもう整体研究室・・・閉めようと思っているんだ・・・」

諦めたように言うと

「そうか・・・あまり役に立ってないと思うなら閉めた方が良いな。」

どんなに苦しくても、最後まで仕事を継続するように言っていた父親からの意外な意見でした。
私が整体研究室を閉めるのは運命だったのでしょうか?

そしてこれが最後の会話になりました。
その後間もなく父親は眠るように逝ってしまいました。
私が大学の講師になったこと、技術士になったことをいつも喜んでいたそうです。

「親っていうのはね、自分の子供が何かを成し遂げたとき、安心して死んでゆくんだって。それって最高の親孝行なんだよ!」

友人に言われました。

「俺ってそんなに親孝行だったかな?
でもね、オヤジ・・・整体治療院を閉めると言ったけど、整体師を辞めるとは一言も言ってないよ!
実は技術士の試験に合格してから色々考えたんだ・・・・
そして分かったことがある。

俺にとって整体師と技術士は二足のわらじではなく、一心同体だったんだ!

と・・・
どちらが欠けても成り立たない! それにやっと気がついたんだよ。 」

そして再び整体師として・・・

「ねぇ先生!また整体の仕事を再開するんだ。」

「俺の仕事に整体は必要不可欠だと分かったからね。」

「だけど頑張りすぎだよ!どうしてそこまで整体の仕事に打ち込むの?」

「それはね・・・技術士になったからだよ。」

「????」

家から家族がいなくなり、多くの患者さんも失った。
過酷な生活習慣で腰を痛め、思うように仕事も出来ない。

整体技術研究室として使用していた事務所を閉め、新たに自宅で業務を継続する決心をした私は、全て一から出直すつもりで、整体業務を再開しました。

技術士となった現在、今後はより多くのエンジニアとの交流があるはずです。
そこから新しい技術を学び、整体施術に繁栄!患者さんのために役立てて行きます。
生まれ変わったバイオメカニクス整体技研の新しいスタートでした。

未来に向けて・・・大学、医療機関との連携

母校(中央大学理工学部)に人体の動作解析を実施している研究室があり、思い切って整体治療院での問題を投げかけてみました。
すると
「今後の貴重な研究データになる。」
と積極的な意見をいただきました。
そして研究データと課題提供を条件に、理工学部 電気電子通信工学科の橋本研究室にて、低価格にて計測器の開発をしていただいた のです。

大学で開発されたジャイロセンサー!科学的な整体実施の一歩!
現在使用されている「動きで分かる骨盤ひずみ」測定システムです。(出張整体でも活用可能です。)

バックに大学がついてくれれば鬼に金棒です。
整体施術で得たノウハウを技術士として、リハビリやフィットネスのために提供することもできるのです。
これからは

技術士としてクライアントのために・・・・
整体師として患者さんのために・・・・

頑張れるのです。

整体技術も様々な技術と連携して!
大学から支給された新しい測定システム!
これを使用し患者さんの骨盤動作や、重心バランスを徹底的に分析しました。
その結果科学的な判断での整体が決定され、全く新しい思考による改善法が誕生したのです。

ギックリ腰や膝痛の人など歩行困難だった患者さんが立ち上がる・・・
歩行を開始する・・・
この光景を見たとき

「整体の仕事を続けてきて本当に良かった・・・・」

心の底から思いました。

しかしその反面、家族がいなくなってしまった家で独りで食事していると

「本当にこれでよかったのかな?」

ふと考えてしまう事もあります。

誰もいなくなってしまった実家・・・

「自分の人生が寂しくないように!」

そう思い始めた整体研究室だったはずです。

「腰が痛いと言ってくる男性は父親。」
「肩が痛いと言ってくる女性は母親」
「患者さんを家族のように思えばきっと寂しくない!」

それが開業時の決心でした。
しかし結果として・・・

もしかしたら私は、自らの手で自分を「孤独」な世界に追いやってしまったのかもしれません。

「バアチャン、おじさん、おばさん・・・・ オヤジも逝っちまった・・・・」

我が人生!きっといつの日か!

整体師兼技術士(機械部門)です。  整体施術のためのデータ
「婚活しろ!」

「何だよ・・・いきなり・・・・」

「ホームページを見てるとお前の所の患者さん、不思議と素敵な女性が多いよな・・・患者さんに恋したってダメなんだぞそんな素敵な女性が独りでいるわけないだろ!」

「ちょっと待てよ・・・考えすぎだよ!」

「しかし分からないなぁ~何でそんな女性が、こんなボロくて、うす汚くてインチキ臭い所に・・・・」

「そこまで言うか!」

「俺はねぇ、お前のためを思って言ってんだよ。ボロ研究室で、生まれては消えて行く小さな恋の物語・・・ボロ研究室で静かに心の傷を癒すお前。それでもこのボロ研究室から何かを生み出そうとする姿・・・」

「うるさいよ!いちいちボロ研究室って・・・」

「このホームページ、思い切って「失恋癒し整体」用にしたらどうだ?肩っ苦しいロボット工学より、ずっとアクセス数が上がるぞ!患者さんは来ないと思うけどな。」

「勘弁してくれ・・・・」

「仲間もみんな心配しているぞ!早くいい人を見つける事!そして部屋の掃除をもっと真面目にやること!」

「掃除は真面目にやってるよ。」

「いや~まだ気合が足りないぞ、もっとしっかり掃除しろ!」

「あまり根つめてやるとギックリ腰になっちゃうよ・・・」

「いいじゃないか、その時は自分で自分の体を整体すれば・・・」

「無茶苦茶言うなよ・・・それができれば苦労しないよ・・・」

「先生・・・だいぶ部屋片付いたね!自宅での業務は順調?」

「何とか落ち着いてきたよ・・・(汗)」

「しかし靴が多いね、先生って確か独り暮らしだったよね・・・」

「うるさい!」(笑)

整体師の開業エピソード

出張整体をご利用ください

出張整体実績

東京都中央区勝どき、銀座、港区、千代田区、江東区越中島、葛飾区お花茶屋、堀切、青戸、高砂、世田谷区成城学園前、狛江市、静岡県熱海市、千葉県船橋市、富津市、長生郡白子町
埼玉県春日部市、栃木県日光市、千葉県君津市久留里、神奈川県川崎市、横浜市、茅ケ崎市、小原市、鎌倉市、その他首都圏近郊