整体、辞めちゃうの?

「ねえ・・先生・・・技術士ってなあに?」

「エンジニアの国家資格だよ。」

「それってすごいじゃん、先生の技術が国に認められた!ってことだよね。でもこれからどうするの?」

「これからは自分の専門技術を生かし、医療関係に生かして行くつもりだ。」

「夢がある話だけど、整体はどうするの?」

「ここはもう閉めて、自宅を技術士事務所にするんだ。」

「じゃあもう整体辞めちゃうんだ・・・それって何か残念だよ。だって整体してる時の先生、とても楽しそうだし、生き生きしているし・・・」

「仕方ないさ・・・誰もいなくなってしまった自宅の管理も必要だし・・・」

「でも先生の整体って場所を選ばないでしょ!?なら自宅でも出来るじゃん!」

「何言ってるんだよ~整体治療院と言うのはねぇ~・・・きれいで、静かな空間に音楽が流れていて・・・ってな感じだよ。あんなボロ家に患者さんを呼べるか! ・・・・・・・・ 」

バイオメカニクス整体技研閉院?

患者さま各位
2005年12月より整体治療院として経営してきた「バイオメカニクス整体技研」は、2012年4月より「篠崎技術士事務所」として生まれ変わることになりました。 業務内容も現在の「整体治療」から「大学への支援、講師」「医療機関との連携」と大幅に変更になりました。
それに伴いバイオメカニクス整体技研は閉院・・・

何て書類を書いたら患者さまから猛反発を食らいました。
思えばあまりにも勝手な行動でした。

「自宅でもいいから整体治療を続けてほしい!」

とのご意見をたくさんいただきました。
(現在整体施術は全て出張整体で対応しております。)

また大学からも

「今後の君の研究業務のため、患者さんの整体は必要!」

と思がけない、そして大変喜ばしい意見をいただきました。

「整体の仕事していいの?また整体の仕事ができるの?・・・・」

そんな喜びで一杯になりました。
自慢のロボット工学を整体施術に応用し、多くの患者さまにお役に立てるのが、本来の夢だったからです。

「先生から整体の仕事を取っちゃったら、な~んにも残らないよ!」

10代の女性は言いたいことを言ってくれます。(笑)

新地!自宅で業務開始!

私の実家は金属部品のプレス加工をしておりました。
父親はプレス機で、母親は足で踏みこみ部品の加工をしておりました。

父親はプレス機で指を何度か切断!
母親は指をつぶし 「痛い、痛い・・・」 と苦しんでいたのを覚えています。

その父親が逝き、母親が施設に入所・・・
家に独りでいると、妙にあのころを思い出します。

「誰のおかげでここまで来れた!」
「誰のおかげで大学まで出してもらった!」
「親を大切にできない人間に講師は任せられない!」

大学で言われた言葉を心に受け止め、新地自宅で整体治療を再開することになりました。
しかし問題は

「新規の患者まさが、こんなボロ家に来ても問題ないか・・・」

でした。
「どこまでやれるかな?」
(現在整体施術は全て出張整体で対応しております。)

ありがとうございます。患者さまと地元の仲間たち・・・

「業務を全て自宅に移動するためには、引っ越しをしなければならない・・・
どこか安い運送屋さんを紹介してもらおう・・・」

独り悩んでいたら、患者さまや地元の仲間たちが大勢集まってくれました。
そして引っ越しと後片付けを全てボランティアで実施してくれたのです。

荷物はみるみる運ばれ、散らかっていた部屋は、あっという間にきれいに片付き、事務所らしくなってしまいました。
本当にありがとうございました。

患者さまや地元の仲間たちの温かいお心遣いで誕生した、新しい仕事場・・・
こんな感じになりました。

葛飾区の整体、正しい情報と場所は関係ありません。 事務所兼問診の部屋
もともと家族4人でくつろいだ部屋です。 今はすっかり事務所らしい状態になりました。
古い家ですが、両親が残してくれた家なので、大切に守り、私の新しい出発の場所にしたいと思います。

葛飾区の整体、正しい整体を行う為確り身体を解析します。患者さんのデータ解析
身体姿勢と動作を分析するためのパソコン、計測器です。 計測されたデータは工学的に品質管理され、整体治療技術向上に活用されます。
また大学での研究発表にも活用され、多くの専門家の人達の意見も頂いております。

葛飾区の整体、施術はどこでも可能です。整体治療の部屋です。
私の部屋を使用しています。新規の方には抵抗があるかもしれません。 常連の患者さまからは
以前より部屋が明るくて良くなったよ!」 意外にも好評でした。
皆さん私の家に遊びに来る感覚になっています。

現在、整体施術は全て出張整体で対応しております。

整体の部屋には大きな窓もあります、地震などが発生した場合、窓を開けて大声を出してください。近所の方が飛んできます。(笑)

しかしここまで来るのに本当に色々な事がありました・・・・

開業時はインチキ扱いからのスタート

「バイオメカニクスって何ですか?」
「ロボット工学と整体って、何か関係あるんですか?」
「どんな整体ですか?機械でも使うんですか?」
「エンジニアだったあなたに整体ができるんですか?」

2005年12月に誕生したバイオメカニクス整体技研。
開業場所は今とは違う場所(葛飾区白鳥)でした。
家からも近かったので、肉体的には楽でしたが、開業と同時にたくさんの疑問点を投げかけれらました。

無理もありません。こんな整体、どこにも無かったからです。

「バイオメカニクス整体技研?なんだこれ?」
「インチキじゃない!?」
「そうだね、インチキ臭いね・・・」

こんな噂を多く聞きました。

身の周りの人がどんな症状で困っているのか?
自分の専門をどのように生かせば、整体効果が上がるか?

そんな研究を真剣にやってきました。
しかしそれは勇気?を持って来ていただいた、ごく一部の患者さんに生かされただけで、大部分は自然消滅してしまいました。

あの時一生懸命まとめた研究レポート、
希望をもってまとめたレポート・・・
どうなってしまったのか?

全く分かりません。
捨ててしまったのかも覚えていません。
決して生かされることのなかった数々の研究・・・
今でも時々想い出す事があります。

「研究何てこんなものかな・・・」

患者さんと近所の方々に支えられて・・・

「先生・・・悪いことは言わない。この地域で仕事をするのを止めなさい。」

「先生がいくら一生懸命やっても、頑張っても、分かってくれる人がいなければ何もならない・・・」

患者さんからのアドバイスでした。

自慢のロボット工学を活用し、人体の運動状態や病気の解明方法に挑む!
そしてそれを整体治療に応用すれば、きっと多くの方々のお役に立てるはずだ!

開業時の私の考えでした。 しかしこのような結果になってしまったのが当時は残念に思いました。
今思うとすべて自分が蒔いた種でしたね。

身体を画像解析し、姿勢のひずみを分析します。
少しでも多くの方に理解していただこう・・・

その後もチラシを撒いたり、ホームページを作ったり、努力を続けて行きました。
するとそんなあるとき気付いたことがありました。

「紹介で来られる方が多い・・・」

という事でした。

チラシで来られる方「0」ホームページは全くアクセス数無し、通りがかかり人も「0」。
その中で少しずつ増えて行ったのは紹介来院でした。

なぜ紹介が・・・??

実は私の知らないところで、たくさんの方々が協力してくれていたのです。
それに気づいたのは、整体始めて半年ほど経った時でした。

腰が痛い・・・と言われていた男性患者さん。
自分のお店にチラシを置いてくれました。
私がロボット工学を応用して、整体施術をしていることをお客さんに一生懸命説明してくれたそうです。

膝が痛い・・・ と言わてれいた女性患者さん。
会社の同僚の方をたくさん紹介してくださいました。そのおかげで遠方から電車で通ってくれる方も増えてきました。

足首が痛い・・・と言われていた近所の牛乳屋さん。
お店のお客さんに紹介してくれたり、配達をしながら宣伝してくれました。
この人のご紹介で来れれた患者さんは何人になったであろうか・・・

周りには協力者の方々がたくさんいらしたのです。私は独りではなかったのです。
ありがとうございます。患者さんとご近所の方々・・・・
お体きっと治して見せます。お大事にしてください。

今思うと本当に色々な方にお世話になってしまいました。想い出すだけでも胸が熱くなります。

「患者さんを家族同様に見て行けば、一生独身の人生も決してさびしくは無いだろう。」

そんな希望が生まれてきました。

しかし現実はそんなに甘いものではありませんでした。

整体師が技術士として生まれ変わるときへ続く

出張整体をご利用ください

出張整体実績

東京都中央区勝どき、銀座、港区、千代田区、江東区越中島、葛飾区お花茶屋、堀切、青戸、高砂、世田谷区成城学園前、狛江市、静岡県熱海市、千葉県船橋市、富津市、長生郡白子町
埼玉県春日部市、栃木県日光市、千葉県君津市久留里、神奈川県川崎市、横浜市、茅ケ崎市、小原市、鎌倉市、その他首都圏近郊